• プロフィール

    Leihanu

    Author:Leihanu
    ハワイの風をあなたに♪  観光のハワイと住むハワイ。それはどうちがうんでしょぉ。思いがけずハワイに住むことになったLeihanuと一緒に「あなただけのハワイ」を感じてください。

  • 最新トラックバック

  • 地球の名言�


    presented by 地球の名言

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QR

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/12/06(Mon)

Kekemapa

melekalikimaka.jpg


Kekemapa = December (12月) という意味です。

Keke の それぞれの 「e」のところには、カハコーがついている、のばす音。
なので、読むと、「ケーケーマパ」 ですね♪
これは Decemberの音をハワイ語で表しているものです。


幼い子が、一生懸命言おうとしているしているような音になるので、
ハワイ語のそれは、とてもかわいいです♪



 1月    'IANUALI   = January
 2月    PEPELUALI  = February
 3月    MALAKI   = March
 4月    'APELILA   = April
 5月    MEI   = May
 6月    IUNE   = June
 7月    IULAI   = July
 8月    'AUKAKE   = August
 9月    KEPAKEMAPA = September
 10月   'OKAKOPA   = October
 11月   NOWEMAPA   = November
 12月   KEKEMAPA   = December




一年365日、12ヶ月というシステムをヨーロッパ人から教わり、
それを耳にした言葉を、ハワイ語であてはめる。

ハワイ語の子音が H K L M N P W、 母音が AEIOU と、
オキナ( ? )とカハコーの14音をたくみに組み合わせて、他の文化とコラボする。


やっぱり、すてきだ、ハワイアン。

スポンサーサイト
Home | Category : Life |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
2010/09/30(Thu)

生きる!

本当ならば、フラガール☆必読!の続きを書きたいところなのですが・・・

どうもこの9月、いわゆる人生におけるターニング・ポイントや
キーポイントを迎える人たちが私の周りで多く、
それぞれのイベントに参加させてもらい、
いろいろ考えさせられることが多く・・・・
もう少し待っててくださいね。ごめんなさい・・・・。



そして、今日は、Leihanuの30代最後の日。

そうなんです、小さな声でつぶやきますが、
明日は40歳の誕生日なのです。
(明日といっても残り10分・・)

40という数字が重く響き渡ります・・・。

まぁ、ハワイでは見た目勝負!
自分の年を素直に言うと、みなさん驚くとともに
特にローカルの人は2メートルくらい後ろに吹っ飛んだりもします。

そんな姿をみながら、楽しんでいるLeihanuですが、
今回の誕生日はなにか特別。


だって、2回目の成人式、
そして、80まで生きるとしても、
人生半分折り返し地点です。


いつもなら、友人達や家族にお祝いしてもらうのですが、
今回は、一人、自分とゆっくり向き合ってみることに。


今日は、30代最後の日そして40を迎える準備をするということで、
欲しいと思っていた洋服を買いに行き、
ハワイアン・ブレスレットを注文し、そして
夕食を買いにだいすきなWhole Foodsへ。

チーズやフルーツ、サラダなどを買い帰途。

LAのお友達がよく飲んでいておいしいという、よく冷えた白ワインをあけ
いままでよく生き抜いてきたね♪ と自分と乾杯する。

last night of 39th


Kohalaのミュージックとともに、どうせなら
いままでの半生振り返ってみよう・・・と
生まれたときのことから思い出してみる。


これが、またすごい作業。
かなりすっとばしてみたものの、1時間以上かかったの!


たくさんの出来事、たくさんの人たちの顔が浮かび、
ときに微笑み、ときに涙があふれてきた。

そして、気づいたことがひとつ。。。。


今のこの瞬間の自分がいままで生きてきた中で、
一番幸せなのかもしれないなぁと。


自分の好きなものを買い、自分の好きなものを食べ、
自分の好きなところに住み、自分の好きな音楽を聴く。
自分の好きなお洋服をきて、
自分の好きな人たちと時間を共有し、
エネルギーを分かち合いながら、もっともっとお互い輝いていく。

そして自分と向き合う心と時間の余裕ができたことに、とても嬉しく思う♪

いまもまだ、前進中ではあるけれど、
「自信」と、「なるようになるさ気質」と、そして「幸運を招くコツ」を
すこしずつ身につけ、世の中のしくみ、宇宙のしくみが
これまた少しだけわかってきた気がする♪



20歳のときに、いまの私がこのようにして
ハワイで生きているなんて、これっぽっちも想像できなかった。

「お先真っ暗!」「一寸先は闇!」「誰も信じられない!」
なーんて思っていたその当時の状況や人付き合いも、
それがあってこそ、いまの私がある。


たくさんの人たちと出逢い、たくさんの人たちと別れ、
そして、その人たちの誰一人欠けても、いまの私は存在していない。


「もう駄目だっ!」と思ったときに、そばにいてくれた人たち。
反面教師として、いろんなものをみせてくれた人たち。


すべての人に感謝!すべてのご縁に感謝!すべての出来事に感謝!


また20年後の私が、どうなっているのかとても興味深いけれど
少しずつまた進んでいきましょう。


強く、優しく、優雅で美しく、そして健やかに生きていこうと思います。


明日はカウアイ島へ一人旅。。。
自分と向き合い、40年間がんばってくれている自分に
「ありがとう」と「感謝」をこめて、自分へのご褒美の旅にしたいと思います。


たまたま、一人で過ごす誕生日となりましたけど、
これまたいいものですね♪


がんばってる自分が、心から愛しく感じる30代最後の夜でした。。。
(といっても、日本時間生まれだから、もうとっくに生まれているんですけどね)

lonoikapili.jpg
私の大切な、Lonoikapili(私が作ったイプヘケ)とPalapalai。

Home | Category : Life |  コメントアイコン Comment14  |  Trackback0
2010/09/21(Tue)

最期のとき

Kamapua`aの話を続けたいのは山々なのですが・・・
忘れないうちに大切なこと、書き記しておきたいこと、があります。

前記事での「生命の証」の続編です。



友人のお嬢様は、大病で入院をしていました。
入院費・治療費等の金額は、アメリカでは膨大な額になります。

そこで、資金集めのパーティーをすることになっていました。

しかし、パーティーのチケットが発売されている中、その直前に亡くなり
彼女のお葬式が執り行われたのは、くしくもパーティーの二日前。


でも、資金集めのパーティーはそのまま実行されます。
治療費のため、残された家族のため、
そして何より、彼女が生き抜いた人生のお祝いのために!


場所はワードセンター近くのPipeline Cafe

今年はじめに宇田多ヒカルのライブがあった場所です♪


「3時から開始」の案内に、「きっとハワイアンタイムだろう・・・」と
高をくくっていたLeihanuは4時前に行ったのですが、
なんと、席は満席!しっかり3時に集まって、
お祈りもすべて終わってしまっておりました!!!

会場内はたくさんの人で賑わっています。
I phone 099

大きなスクリーンには故人やその家族たちの素敵な写真を
スライドショーでみせてくれています。
お葬式もそうですが、ここに集まった人たちのなんて温かいこと。
故人の温かさ、Alohaの反映でしょう。


Weldon Kekauohaで幕はあけます。
I phone 118
(写真が遠くてごめんなさい。とても前へでる勇気はありませんでした。汗)

実は、彼らはサンフランシスコから今日帰ってきたばかり。
しかも明日には大阪(フラ・ピクニック)に向けて出発なんだそうです。
その合間をぬって、駆けつけてきてくれるWeldon達は
やっぱりすばらしいハートの持ち主だと想いますっっ。涙。。。

Kawaihao教会のハラウの皆さんが彼の歌声にあわせて
「Lei Ho‘oheno」「Thank You Load」を踊ってくれました。
I phone 042

次にステージに立ったKawika Traskさんは故人の叔父さんにあたります。
そして、彼らと一緒にカジメロ氏と彼のハラウの皆さんが踊る!歌う!

cazimero.jpg
cazimero2.jpg

I phone 031
I phone 090

やっぱり彼らが登場するだけで、会場がパーッと明るくなりますね。
すばらしいぃ~~~~♪

資金集めのパーティーは、入場券の発売もさることながら
当日のドリンクのお金も寄付になります。
Leihanuは普段飲まないビール(ハイネケン)をたくさん頂きました。
おかげで、上機嫌♪♪♪私たちもフラを踊りましたよ。
(ハワイアンの人たちの前、しかもクムフラ達がいる前で踊るのは、
ちと緊張しましたが・・・楽しかったです)


ほかにもたくさんのミュージシャンが登場しました。
I phone 108

一番最後にステージに上ったのが 
ハワイアン レゲエバンド 「The Green」↓↓↓
I phone 109

Leihanuは最初誰々???って感じでしたけど、
彼らの曲はよくラジオにも流れています。有名人!

この曲きいたことあるかな? よくラジオで流れるよ。

”Alive”



そして、当日のものではありませんが、彼らのライブの模様↓↓↓



彼らが曲の合間合間に私達に告げる

「僕達は、彼女の新たなる旅立ちのお祝いをしているんだ!
 みんな盛り上がろう!!!」


って、いう言葉に皆でものすごく盛り上がり
笑って、踊って、飲んで、叫んで・・・♪


気づけば、故人の兄弟達も遺族たちも、最前列で踊っていました。
すっごく楽しそう!

小さな子供も、おじいちゃんおばあちゃんも、皆一緒に大盛り上がり♪


パーティーは10時で終了。
7時間のパーティーは、本当にあっと言うまでした。


お葬式にも参列させていただきましたけど、
今日のパーティーといい、本当にたくさんのことをシェアしてもらった気がします。


大病で、治ることなく命を落とした彼女。
悲しみにずっと暮れるはずであろう、遺族たちも
こうしてパーティーで、お祝いをする。
そして、満面の笑顔で、彼女の旅たちを見送りました。


私のおばあちゃんは、常日頃から、
「私が死んだときには、みんなで大宴会をしておくれ!
美味しいものをおなかいっぱい食べて、カラオケして
飲んで歌って大騒ぎして、祝って欲しい」と言っております。

そんな私のおばあちゃんの気持ちが、とってもわかるような気がしました。


悲しみと寂しさで、泣き崩れている大切な人を天国から心配して見守るより
笑顔でいてくれる元気なみんなの姿をみていたいのではないのかな。


私も亡くなったら、こんなステキなパーティーをして欲しいなって
心から思える素敵な時間。

パーティー会場からの帰り道、
ものすごく清清しい気持ちになったんですよね。

ハワイアンの人たちの生きる力
温かい魂の交流みたいなものを
ここ数日で、体験させてもらった気がします。


生きるって、そういうことなんだなぁ~って。



悲しみも、苦しみも、涙も一切抜けて、
スライドショーで見た彼女の満面の笑みだけが、私の脳裏に焼きつきます。


ハワイアンたちの心意気、そして温かみを
肌で、心で、感じた1週間でした。
I phone 375


Home | Category : Life |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/09/17(Fri)

生命の証


今朝、お葬式に参列してきました。


いつもロミロミをしてもらうハワイアンの彼のお嬢様。
私と年齢もそんなに変わらない彼女が、天国へと旅たちました。


ハワイでのお葬式。
ハワイアンのお葬式。

日本のそれとはまるで違う、ハワイアンの最期のお別れ・Alohaのシェア。

黒い服をきている人はほとんどいません。
みなほとんどがアロハプリントの服をきています。


教会へ入る前に帳簿に自分の名前と住所を書き込みます。
日本でいう香典は、Sympathy Cardとともに封筒へいれ、受付で預けます。

皆に続き中へ進み、安らかに眠る故人に挨拶、
レイを持ってきた人は、遺族の許可を得て棺桶の上に置き、
そして最前列に座る遺族の方々に一人ずつハグをします。

教会があいたのは朝9時、皆の挨拶が一通り終わり、
セレモニーが始まったのは10時過ぎでした。


彼女はクイーン・エマ・サマー・パレスで働いていたこともあり、
大きな教会に、あふれんばかりの参列者です。

挨拶の時間の間、ミュージシャンたちがハワイアン・ソングを歌います。
たくさんの数のミュージシャンがギター、ベースなどを持ち、
マイクを手に取り順番にそして一緒に歌います。
ピアノを弾くロバート・カジメロ氏の姿もありました。

歌が終わり、式がはじまります。



ハワイ語と英語、両方でのセレモニー。


手渡されたセレモニー進行表は全部で11ページ。
お祈りの言葉や一緒に歌う歌詞などが書かれています。
今回、生まれてはじめて「Amazing Grace」をハワイ語で歌いました。


ハワイのお葬式は、悲しみを分かち合うだけのものではなく、
故人の新たな旅たちを祝う儀式でもあります。
故人を想い、共に泣いたり、笑ったり。


故人が生きているときに彼女のアロハを受け取った人たちが、
今日その場に集まり、彼女からのアロハをまたひとつに集結させて
彼女が今世に生きた生き証人となり、彼女の今回の旅の終わりと
新しい旅たちを見守ります。
それはそれは、愛・ALOHAがたくさん詰まった空間と時間です。




故人は病に侵され、最後は痛みも苦しみもそれはすざましいものでした。
いまではそれが一切なく、彼女が穏やかな空間にいるのが伝わってきます。


故人の家族や友人が、彼女にまつわる話をし、涙ぐみ、笑いながらセレモニーは進行します。


いくつもお祈りをし、いくつも歌を歌い、
最後は故人の母親と妹が壇上に上がり、故人と神に捧げフラを舞います。
こんなにも美しい、こんなにも気持ちがこもったフラは久しぶりに見ました。
愛情たっぷりの2時間にも及ぶセレモニーはそして終わります。


そのあと、遺族たちや希望者は墓地に行き、彼女を埋葬。
教会に残る人には、お食事が振舞われました。




私は生前の彼女とちゃんとお話したことはありません。
彼女の存在を知ったときには、もう末期の時でした。

ただ、彼女とはあったことがないのですけれど、
よく知っているような、気がします。




彼女の父親に、「Leihanu、今からロミするから」といわれ、
予定外のマッサージを最近してもらったことがあります。

そのとき私は、彼のお嬢さんの状態を聞いており、
彼女の写真もみせてもらっていたので、ロミの最終の時点で
彼女のお父さんのヒーリング・タッチのエネルギーを
私という身体をツールにして、彼女に送ってみました。



それはそれは、愛に満ちた彼女のエネルギー、そして
痛みと闘っている苦しさや、
別れの時が近づいてきているつらい気持ち・寂しい気持ちとが、
どわぁーっと私の中に入ってきました。


彼女とエネルギーの交換をしたのです。


私は涙が止まらず、私の身体自体は本能で排除しようと咳がとまらず
大変なことになったのですが、私が感じたものをロミをしてくれた彼にも伝えました。


故人は、とても愛あふれる人。
とっても小柄なだったのですが、大きな大きなAlohaを持った人。
距離があった自分の家族たちを、自分の命をもって集合させ、再会させ
許す心、受け入れる心、支えあう心・・・
たくさんのことを家族たちに再認識させてくれました。


そういう意味では彼女の今世でのすべきことを果たし、
胸を張って旅立ったのかもしれません。
でも、幼い娘二人を残していくのは、早すぎですね。


彼女の長女が私たちに言いました。高校生の彼女は知っています。
すべて皆、私たちもいつか同じ場所へ行くということ。
その場所から、大切な人々をいつまでも見守り続けているということを。



今日、私もなんだか生まれ変わったような気持ちになりました。
また今日から胸をはって生きていこうと想います。


アロハを人々とシェアし、たくさんの人がそれを受け取ってくれますように。



~ Ka Ho‘omaikai o ke Ola ~

We all miss you the delight one, Sunny.
May your heart find peace through the healing power of love.
Please rest in peace and watch over your family from there.

me ke aloha.

sunrise_convert_20100918093612.jpg



Home | Category : Life |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/07/15(Thu)

笑顔になる瞬間

一日中、パソコンとにらめっこ。
肩も首もパンパンになり、目までジンジンしてきた。

夕方、コンドミニアムについているジャグジーへ。
パソコンも切り、携帯電話も家においてでかけた。



だれもいない貸切ジャグジー。

ブクブクと泡にマッサージされながら、サンセットをみつめる。
どんどんと空に浮かぶ雲たちや山並みがピンク色に染まっていく。
それは太陽の色。
sunset.jpg


そして、ぽっかりと薄っぺらなお月様と、その横には金星かな?
一番星みーつけた♪



遠くをみることによって、美しいものをみることによって、
それを映し出す目が癒される。。
そして心も。



いやでも、笑顔になる瞬間。

そうそう、ハワイにきてから、笑顔になる瞬間がふえた。
それはハワイの自然界が教えてくれたこと。



虹をみたり、抜ける青空、きらめく海、あふれんばかりの人々の笑顔。

山に入れば、鳥がよってきて「よく来たね♪」とさえずり、
海に入れば、魚たちが迎えに来てくれる。




「Leihanuはハワイにいるから、そんなのんきなこといってられるんだ!」
・・・・って、いま思いました?



でも、笑顔になる瞬間って、じつはアナタのまわりにもたくさんあるはず。


実際に、ここハワイでも、わたしと同じ場所・同じ時間にいる人たちでさえ
目の前にひろがっていく大きな虹に気づかなかったり、
見事なまでの大輪を咲かせるハイビスカスがその人の目にはうつらなかったり、
風の流れる向きの変化や、甘いプルメリアの匂いや雨の匂いがわからなかったり。



問題は、あなたがどこにいるかではありません。


大切なのは、あなた自身のちょっとした「気づき」です。


道端に咲く小さな野花や、公園の木々、川のせせらぎや、
あなたを疑うことのないまっすぐな赤ちゃんのほほえみ。


笑顔になる瞬間、ひとつずつさがしてみませんか?



自然とニコッとしてしまうそのとき、
アナタの胸が踊る様子、心が弾むその瞬間、
よぉく覚えておきましょう。


「しあわせ」は、その積み重ねなのかもしれません。



いま、ダイアモンドヘッドのまわりとカピオラに公園では
シャワーツリーが満開です♪ハワイにも四季があり、
毎年この初夏のころ、シャワーツリーが咲き誇ります。
shower tree


それはそれは、見事(^^)b~♪



シャワーツリーをみるたびに、満面の笑顔になるわたし。
その花の美しさもさることながら、わたしの大好きな「桜」を思い出すんですよね。


一本一本の木に抱きつきながらカピオラに公園のまわりを一周してもよし♪、
木の下でお弁当ひろげながらお花見するもよし♪
わたしがみかけたローカルの人は、咲き誇る花のしたで体操したり
ダイアモンドヘッドを背景にいれて絵をかいていました。
(↓たぶん地元の有名な画家さんだと思われます。)
diamond head


誰の目も気にせず、自分なりの楽しみ方・笑顔になる瞬間を
日々さがしていきましょう!


そうすることで、あなた自身だけではなく、
あなたの周りの人をも幸せにしてあげられることができますよ♪



Home | Category : Life |  コメントアイコン Comment8  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。