FC2ブログ
  • プロフィール

    Leihanu

    Author:Leihanu
    ハワイの風をあなたに♪  観光のハワイと住むハワイ。それはどうちがうんでしょぉ。思いがけずハワイに住むことになったLeihanuと一緒に「あなただけのハワイ」を感じてください。

  • 最新トラックバック

  • 地球の名言�


    presented by 地球の名言

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QR

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/09/17(Fri)

生命の証


今朝、お葬式に参列してきました。


いつもロミロミをしてもらうハワイアンの彼のお嬢様。
私と年齢もそんなに変わらない彼女が、天国へと旅たちました。


ハワイでのお葬式。
ハワイアンのお葬式。

日本のそれとはまるで違う、ハワイアンの最期のお別れ・Alohaのシェア。

黒い服をきている人はほとんどいません。
みなほとんどがアロハプリントの服をきています。


教会へ入る前に帳簿に自分の名前と住所を書き込みます。
日本でいう香典は、Sympathy Cardとともに封筒へいれ、受付で預けます。

皆に続き中へ進み、安らかに眠る故人に挨拶、
レイを持ってきた人は、遺族の許可を得て棺桶の上に置き、
そして最前列に座る遺族の方々に一人ずつハグをします。

教会があいたのは朝9時、皆の挨拶が一通り終わり、
セレモニーが始まったのは10時過ぎでした。


彼女はクイーン・エマ・サマー・パレスで働いていたこともあり、
大きな教会に、あふれんばかりの参列者です。

挨拶の時間の間、ミュージシャンたちがハワイアン・ソングを歌います。
たくさんの数のミュージシャンがギター、ベースなどを持ち、
マイクを手に取り順番にそして一緒に歌います。
ピアノを弾くロバート・カジメロ氏の姿もありました。

歌が終わり、式がはじまります。



ハワイ語と英語、両方でのセレモニー。


手渡されたセレモニー進行表は全部で11ページ。
お祈りの言葉や一緒に歌う歌詞などが書かれています。
今回、生まれてはじめて「Amazing Grace」をハワイ語で歌いました。


ハワイのお葬式は、悲しみを分かち合うだけのものではなく、
故人の新たな旅たちを祝う儀式でもあります。
故人を想い、共に泣いたり、笑ったり。


故人が生きているときに彼女のアロハを受け取った人たちが、
今日その場に集まり、彼女からのアロハをまたひとつに集結させて
彼女が今世に生きた生き証人となり、彼女の今回の旅の終わりと
新しい旅たちを見守ります。
それはそれは、愛・ALOHAがたくさん詰まった空間と時間です。




故人は病に侵され、最後は痛みも苦しみもそれはすざましいものでした。
いまではそれが一切なく、彼女が穏やかな空間にいるのが伝わってきます。


故人の家族や友人が、彼女にまつわる話をし、涙ぐみ、笑いながらセレモニーは進行します。


いくつもお祈りをし、いくつも歌を歌い、
最後は故人の母親と妹が壇上に上がり、故人と神に捧げフラを舞います。
こんなにも美しい、こんなにも気持ちがこもったフラは久しぶりに見ました。
愛情たっぷりの2時間にも及ぶセレモニーはそして終わります。


そのあと、遺族たちや希望者は墓地に行き、彼女を埋葬。
教会に残る人には、お食事が振舞われました。




私は生前の彼女とちゃんとお話したことはありません。
彼女の存在を知ったときには、もう末期の時でした。

ただ、彼女とはあったことがないのですけれど、
よく知っているような、気がします。




彼女の父親に、「Leihanu、今からロミするから」といわれ、
予定外のマッサージを最近してもらったことがあります。

そのとき私は、彼のお嬢さんの状態を聞いており、
彼女の写真もみせてもらっていたので、ロミの最終の時点で
彼女のお父さんのヒーリング・タッチのエネルギーを
私という身体をツールにして、彼女に送ってみました。



それはそれは、愛に満ちた彼女のエネルギー、そして
痛みと闘っている苦しさや、
別れの時が近づいてきているつらい気持ち・寂しい気持ちとが、
どわぁーっと私の中に入ってきました。


彼女とエネルギーの交換をしたのです。


私は涙が止まらず、私の身体自体は本能で排除しようと咳がとまらず
大変なことになったのですが、私が感じたものをロミをしてくれた彼にも伝えました。


故人は、とても愛あふれる人。
とっても小柄なだったのですが、大きな大きなAlohaを持った人。
距離があった自分の家族たちを、自分の命をもって集合させ、再会させ
許す心、受け入れる心、支えあう心・・・
たくさんのことを家族たちに再認識させてくれました。


そういう意味では彼女の今世でのすべきことを果たし、
胸を張って旅立ったのかもしれません。
でも、幼い娘二人を残していくのは、早すぎですね。


彼女の長女が私たちに言いました。高校生の彼女は知っています。
すべて皆、私たちもいつか同じ場所へ行くということ。
その場所から、大切な人々をいつまでも見守り続けているということを。



今日、私もなんだか生まれ変わったような気持ちになりました。
また今日から胸をはって生きていこうと想います。


アロハを人々とシェアし、たくさんの人がそれを受け取ってくれますように。



~ Ka Ho‘omaikai o ke Ola ~

We all miss you the delight one, Sunny.
May your heart find peace through the healing power of love.
Please rest in peace and watch over your family from there.

me ke aloha.

sunrise_convert_20100918093612.jpg



スポンサーサイト
Home | Category : Life |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。